お灸治療とは?

2016年8月10日 治療

こんにちは、 三郷 の 夢のはり灸接骨院の藤崎です。

 

昨日は鍼(はり)の説明だけだったので、今日はお灸の治療についてです。

お灸は一般的に「もぐさ」を用い、体の表面に温熱刺激による治療を施し、

症状の改善に効果をあげます。

もちろん鍼と同様に体にある経穴(ツボ)を使って治療をします。

はじめて灸治療を受けるときは、やはり「灸は熱い、跡が残る」という不安を持たれたり

イメージする方が多くいるかと思われます。

しかしお灸は米粒の半分くらいの大くらいの艾を使用いますので、

目立つ大きな跡が残ることはありませんし、熱かったら取ってしまったりつぶしてしまったり

します。また数回の治療で上手に据えれば、治療後しばらくたてばほとんどその跡も

消えてしまいます。

また灸といってもさまざまな種類があり、艾と皮膚の間に薬効が期待される生姜などを挟む

方法や輻射熱(ふくしゃねつ)を利用した方法など、心地良い温熱刺激で跡が残る心配が

まったくないものもあります。

最近ではせんねん灸などがあったりするので、火をつけてツボに置くだけで治療ができます。

しっかりとツボの位置などの知識をつけないと難しいですが、覚えてしまえば

自分自身でできるので、便利かもしれませんね。

 

 

『症状改善』『予防』が目指せる鍼灸治療

『姿勢の乱れを改善』する骨格矯正

埼玉県三郷市の夢のはり灸接骨院

お電話お待ちしております。

TEL048-969-4989

つくばエクスプレス三郷中央駅より徒歩3分
オレンジ色の看板が目印です!
土曜・祝日も診療しています。駐車場あり。