はりと不眠

2018年5月9日 治療

こんにちは!

皆さんしっかり睡眠はとれていますか?

眠りが浅い・寝つきが悪い・頻繁に目が覚めるということはないですか?

 

 

睡眠不足な方に共通していることがあります。

首の筋肉が硬いんです。特に首と後頭部の間にある、後頭下筋郡の硬さが酷い方が多いです。

デスクワークの方、目を酷使している方も同じような所が硬いですが

特にそういうことをしていなくても硬い・・・

 

 

眠る時に働く副交感神経。

日常耳にすることはあると思います。寝る時以外にも、リラックスしている時・食事をして消化をしている時にも働く神経です。だから、ご飯を食べた後は眠くなることが多いんですよね。

 

 

その反対に活動時に働くのが交感神経。

この二つの切り替えが上手くいかないと、睡眠が浅くなったり、寝付きが悪くなったりします。

 

 

首の筋肉の硬さが影響あるのか?

 

影響がないとは言えません。副交感神経節は首にあります。

神経は血管と同じで、筋肉や骨の隙間を走行しているので、筋肉の凝り固まったところがあると影響がでる可能性は大いにあります。

 

 

 

他にも、ストレスや疲れ・環境の変化など複合的な原因で起きていることが多いので、

休養やストレス発散も凄く大事です。自分を休ませてあげる時間は必要ですよ。

時間がない方も10~15分でも全力で休める・癒される時間を作って下さい。

 

 

 

筋肉を緩めてあげることで睡眠が改善された方は沢山います。

もしお困りであれば、試してみて下さい。

当院のはり治療をご希望であればご予約お待ちしています。