はりと血液

2018年10月29日 未分類

こんにちは!

寒い日があったり、暖かくなったりの不安定な気候なので

喉の風邪になっている方が増えていますので

乾燥など喉のケアを行っていきましょう。

 

 

今日は前回お話しをしたはりとコリの中から血液成分の

お話をしていきたいと思います。

 

 

血液には主に赤血球・白血球・血小板・血漿などがあります。

 

【赤血球】

主に体の細胞に酸素を運び、不要になった老廃物(二酸化炭素など)

を運び去ります。貧血などではこの赤血球の量が減り、

酸素が足りなくなるので疲れやすくなります。

 

 

【白血球】

身体に侵入した病原菌や異物に対して反応し、処理・殺菌などの働きがある

身体の防衛機構です。免疫作用に深く関りがあります。

 

 

【血小板】

身体にできた傷を修復してくれます。

 

 

【血漿】

血球以外の主に水分のことをいいます。

あまり目立っていませんが、栄養成分を身体に運び

老廃物を腎臓から排出させる作用があります。

血圧の保持・安定にも関りがあります。

血漿は水分不足になると減少し、血液がドロドロになります。

水分補給や排せつは体内のバランスを保つのに重要です。

 

 

簡単な血液中の説明になりましたが、なぜ疲れやすくなるのかという

理由に栄養素や水分の関りがあるにも意識を向けていきましょう!