はりと足の裏

2018年6月5日 未分類

人は歩いたり・走ったりする時に働く筋肉はふくらはぎや太ももの筋肉だけではありません。

足の裏にも筋肉があるのはご存知でしょうか?

知らない方も結構いらっしゃいますが、足裏にベタっと筋肉がついているんです。

 

 

スポーツをしている人や仕事で足を酷使するひとがなりやすい、足底筋膜炎。

その痛みも足の裏の筋肉が原因の事が多いです。

 

一般的な対処としては、靴の買い替えやインソールをいれたり

テーピングを巻いたりしてサポートすることが基本です。

 

ただ、生活していく上で負担は溜まりますしもうすでに痛みが出ている場合

そこへのアプローチも必要になります。

 

 

足の裏の筋肉は働きが強い分、痛めてしまうとかなりの硬さがあります。

マッサージをしたりしていてもそのケアが追いつかない場合があります。

そういう時はりのアプローチも視野にいれるのも一つの手です。

 

 

手のひらや足の裏は痛みを感じやすい部分ではありますが、

はりをしてみて案外平気な方も多く

その場で筋肉が緩み効果を実感される方が多いのも事実です。

 

アプローチの方法は色々ありますのでその方に合わせて、無理はしない形で

治療法を選択していきます。

 

 

足裏の局所のはりは、痛いから極力やらないという鍼灸師の先生もいるかと思いますが

症状がなかなか改善されない方は一つの治療法として検討されるのも良いかと思います。

 

 

今回足裏の痛みに関わらず、なかなか改善されないお身体の不調があれば

電話やメールなどでお問い合わせ下さい☺