はりと頭痛

2018年8月14日 治療

こんにちは!

まだまだ暑い日が続きますが、引き続き熱中症対策は気を付けていきましょう!

 

 

今日は頭痛に関してお話をしていきます。

頭痛が出やすい方は様々な症状を訴える事が多いです。

 

 

頭痛に伴う肩や首のコリ感や張った感じ・目の疲れや痛み・吐き気

天候不良によって痛みを感じる方・歯の疾患や歯ぎしりなどがあります。

デスクワークの方や女性の方(ホルモンバランスの乱れ)・ストレス・不眠の方

に多いのも特徴です。

 

 

頭痛の大まかな種類として

 

①緊張性頭痛

デスクワークや前かがみの作業が多い方の頭痛の大部分は

この頭痛がでることが多いです。肩・頚・頭の筋肉の緊張が高まり

発症します。

 

 

②血管性頭痛(片頭痛)

特に女性の方に多く、脈をうつような頭痛や閃輝暗点の症状が出た後に頭痛が

出始める特徴があります。緊張性頭痛と混合して症状がでる場合もあります。

 

 

③脳腫瘍や脳出血による頭痛

強い頭痛が進行性で増悪する場合や、言語障害や視野に異常が出た場合

早朝に強い頭痛があり、吐き気・嘔吐後痛みが軽快する場合。

 

 

①は筋肉により発症

②は血流による症状

上記に関してははり治療は有効です。

即効的な効果が期待できます。

 

 

③に関しての頭痛は早急に病院での治療が必要な症状になります。

脳腫瘍や脳出血が有る場合、脳圧亢進により頭痛や吐き気がでます。

あまりにも強い頭痛は痛み止めなどで我慢せずに、一度画像診断を

して頂くことをおすすめします。

診断後、特に異常がなければはり治療は可能ですのでご相談ください。

 

 

 

痛み止めを服用している方は、飲まなくても良い身体になれるよう

ケアを始めていきましょう☺