はりの作用

2018年7月4日 治療

こんにちは!

 

梅雨が明けて本格的に暑くなってきました(>_<)

熱中症にならないよう、水分と塩分の補給は意識していきましょう!

 

ナトリウムの吸収を妨げないように

甘過ぎない水分補給を!

 

 

今日ははりの作用についてお話しようと思います。

 

WHO=世界保険機構 はご存知でしょうか?

世界的にはりの適応が認められている疾患が沢山あります。

 

 

【神経系疾患】 

神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー

 

【運動器系疾患】

関節炎・リウマチ・頚肩腕症候群・頚椎捻挫後遺症・◎五十肩・腱鞘炎・◎腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)

 

【循環器系疾患】

心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ

 

【呼吸器系疾患】

気管支炎・喘息・風邪および予防

 

【消化器系疾患】

胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾

 

【代謝内分秘系疾患】

バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血

 

【生殖、泌尿器系疾患】

膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎

 

【婦人科系疾患】

更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊

 

【耳鼻咽喉科系疾患】

中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・へんとう炎

 

【眼科系疾患】

眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい

 

【小児科疾患】

小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善

 

これだけの疾患や症状に対して効能が認められています。

 

 

はりは免疫を高めたり、自律神経のバランスを整える作用があります。

 

不調がある部位にはりを体に刺すことで、体に微細な傷をつける事により

身体の色んな細胞が集まってきます。

集まってきた細胞が身体を修復することで

身体が回復方向へ向かっていきます。

 

 

はりをすることで交感神経は副交感神経優位になります。

自律神経には二種類あり、それぞれの働きがスムーズに

切り替わる事でバランスをとっています。

 

 

交感神経→興奮・怒り・闘う時、活動的な時

副交感神経→睡眠時・消化・排泄自などの

 

 

はりをすると眠くなったり、トイレに行きたくなったり

お腹が鳴ったりするのははりの効果がでているサインです(‘◇’)

 

 

 

簡単なはりの作用をお話ししましたが

なかなか症状が良くならない方はご相談下さい(^^)/