はりの注意事項

2019年1月15日 未分類

こんにちは!

寒い日が続きますので、身体を冷やさないように暖かくして

風邪などの予防もしっかりしていきましょう!

 

 

はりをした後にやったらダメな事はありますか?

と患者様によく聞かれます。

なので今日は、はりに関して注意する事をお話していきます。

 

 

次の場合は、はり治療を受けるにあたり注意または中止した方がいい

場合があります。

 

・高熱(感染性、非感染性)

・急性炎症の患部

・悪性腫瘍への直接刺激

・出血性の疾患、凝血性の疾患

または抗凝血治療中か抗凝血剤使用中

 

などが当てはまる場合には、必ず申し出て下さい。 

外傷による急性炎症の場合は、患部周辺への治療により、腫れや痛みを

緩和させる作用がありますので、中止する必要はありませんが

外傷がある場合はお伝え頂くようお願い致します。

 

 

はりを受けた後は、身体の血流が良くなっている状態になります。

その為、入浴や飲酒などの行為はより血流の流れが活発に

なる為、フラフラしたりのぼせやすくなったりします。

 

治療後に水などの水分を多めにとっていただき

少し時間をおいてからの入浴や飲酒を行ってください。

 

 

他に何か疑問や質問、ご相談があればご連絡下さい☺