はり灸での呼吸と水分

2018年5月28日 治療

普段の呼吸と水分補給は意識しないでもある程度していますよね?

身体の調子を維持するのにも呼吸と水分が必要です。

呼吸と言うとそれこそ意識せずに無意識にしていますよね?

しかし、呼吸がしっかりできていないと、身体に酸素を取り込みにくくなり

身体が酸欠になりやすくなります。

身体が酸欠?と思うと思いますが、身体を動かすには酸素が必要です。

もちろん酸素以外も身体をう動かすにはエネルギーが必要です。

その酸素を取り込もうにもしっかりと呼吸が出来ていないと、取り込む量自体が少なく

身体が酸欠になってしますのです。

身体が硬かったりすると筋肉の伸び縮みが上手くいかずに呼吸が浅くなりがちになります。

そこで、深呼吸を意識的に行うと、自然と肺が膨らむので肋骨が動き胸をはる姿勢になるかと

思います。そうする事で肺に酸素がしっかりと取り込めるようになります。

今度は、取り込んだ後酸素を全身に行きわたらせる為には血液が大事になってきます。

身体に取り込まれた酸素は、ヘモグロビンを結びつき全身を廻ります。

全身を廻る時も血液の流れが悪いと全身に行きわたらしたいのに上手く行きません。

そんな時しっかりと水分補給をしている事で、血液の流れが良くなるので、

スムーズに酸素を運ぶ事ができるようになります。

特に運動後は血液がドロドロになりやすいので、しっかりと水分を摂取したほうがいいいです。

運動後は、身体からミネラル分も出ていってしまっているので、スポーツドリンクがいいと思います。

普段は水、もしくは白湯が理想的です。

一度普段の呼吸を意識して深呼吸をしたり、コップ1杯でも水分をとるように意識するといいと思います。

はり治療をする事で筋肉が緩み動かしやすくなったり血流がよくなったりもするので、

自分自身で意識して行い、はり治療をして相乗効果を狙うのも一つの方法だと思います。