はり灸と顔面神経麻痺

2018年5月23日 未分類

こんにちは!

もうすぐ梅雨の時期にはいりますね~

梅雨のシーズンは調子を崩す方が多いので、その前にお身体のメンテナンスをしておきましょう(^^)/

 

 

話は変わりますが、今回は顔面神経麻痺についてです。

皆さんも良く耳にしたことがあるんではないでしょうか?

もしくは、知り合いになったことがある方もいると思います。

 

 

結構身近な疾患で、突然顔が動かなくなる・口から食べ物がこぼれおちる・目が閉じれないなどの症状がみられます。原因としては、ウイルス性の場合もありますが、多くは原因不明です。

原因がわからない場合ストレスと関連していると言われたりすることも多いでしょう。

 

 

顔面神経の治療は早いに越したことはないです。遅くなると、後遺症が残る場合があります。

神経の回復は1日1センチ、顔面神経の長さは9センチです。

単純計算すると1ヶ月30センチとすると、約3ヵ月。

 

 

最低でも3ヵ月の治療は必要ですね。

人によって症状の強さは違いますから、全員が3ヵ月で治ります!

ということではありません。

毎日治療に来るのは厳しいですし、発症してからしばらく経ってから

良くならないと駆け込んで来られる方が多いので、期間が長いほど治りづらくなってきます。

 

 

言葉が話づらくなったり、食べ物・飲み物が口からこぼれるといった症状は、日常生活に支障がでますので

かなりのストレスを抱えることになります。後遺症が残らない為にも、早めの治療をしてくださいね。

治療をして症状が変わらない方はご相談下さい☺