はり灸は歴史が深いです。

2016年11月29日 日記

こんにちは、 三郷 の 夢のはり灸接骨院の藤崎です。

 

鍼灸治療の歴史は古く今から約2000年以上前の古代中国で生まれ

日本には6世紀頃伝えられ(6世紀頃は弥生時代の終わり)

その頃はお灸がメインが中心で鍼治療は、外科的な目的で使われていたそうです。

今では考えられないかもしれませんね。

その後、色々と流派が生まれ室町時代頃にはお灸などのツボの本もあったそうです。

時代は進み江戸時代頃になるとより医学書のようになり

五代将軍の綱吉の頃、今の鍼灸の教科書に出てくる盲人の「杉山和一」が評価され

盲人の今の資格制度みたいに移り変わっていきます。

この頃に鍼を打つ時に痛くならないようにする為の技術が生まれました。

さらに時代は進み明治になると西洋医学が中心となってくると、

鍼灸治療などの伝統医療は非科学的だという事で存続の危機を迎えます。

その後も戦後GHQにも鍼灸治療を禁止されそうになったが、

鍼灸の存続運動などがあり、今のような法律が整えられ資格制度になり

今に至ります。

鍼灸治療は歴史が古く特にお灸に関しては民間療法として根付いており

鍼灸の研究もすすめられ世界保健機関(WHO)にも

鍼灸治療の効果が認められているものもあります。

イメージで痛そうや怖いなどあるかもしれませんが

なかなか取れない症状があったりするのであれば一つの方法として

鍼灸治療をするのもいいと思います。

 

 

『症状改善』『予防』が目指せる鍼灸治療(針灸治療)

『姿勢の乱れを改善』する骨格矯正

関わる方全ての健康を支える

埼玉県三郷市の夢のはり灸接骨院

お電話お待ちしております。

TEL048-969-4989

つくばエクスプレス三郷中央駅より徒歩3分
オレンジ色の看板が目印です!
土曜・祝日も診療しています。無料駐車場あり。