はり灸マッサージの在宅(訪問)

2018年6月12日 未分類

在宅(訪問)鍼灸・マッサージは介護保険を使わず医療保険を使用します。

介護保険の事を気にすることなく利用できるので、少しでも日常の生活が

楽になるよう利用されている方も多くいらっしゃいます。

 

医療保険適用の「在宅(訪問)鍼灸・マッサージ」とは・・・

自力で通院ができない患者さんが、医療保険適用で、

ご自宅にいながら安心してマッサージ治療を受けるものです。

介護保険とは別に、医療保険(国民健康保険、社会保険、後期高齢者医療等)

で施術が受けられ、寝たきりの患者さんや介護予防にも効果的です。

後期高齢者医療で1割負担の場合、自己負担額は1回につき400~500円程度となります。

 

どんな方が受けられるのか?

歩行困難、自宅療養などであり、基本的には、これらの方が対象です。

【対象となる症状例】

•寝たきり状態の方

•歩行が困難な方

•介護者がいなければ、通院できない方

•脚や腰などの痛みが強く、歩行できない方

•主治医がマッサージを必要とした方

1.神経痛…例えば坐骨神経痛など。

2.リウマチ…慢性で各関節が腫れて痛むもの。

3.頚腕症候群…首から肩、腕にかけて痛むもの。

4.五十肩…肩の関節が痛く腕が挙がらないもの。

5.腰痛症…慢性の腰痛

6.頚椎捻挫後遺症…むちうち症など

 

医療保険が適用されます(介護保険との併用が可能です)

医師からの同意書が必要となります。これは、医師の診断により

「歩行が困難で、往療(自宅まで施術者が伺い、施術を行う事)が必要と認める。」

という書類です。