むち打ち

 

むち打ちとは、簡単にご説明すると、交通事故やスポーツによって首に不自然な力が加わり、鞭を打った様な形になるため「むち打ち症」と呼ばれ「首が痛かったり首が回らない」といった症状を発症する怪我の一種です。

 

むち打ちの特徴として

・レントゲン検査では異常が認められない。
・負傷直後は無症状であることが多い。
・頭は打たなくても頭痛や吐き気、目まい、耳鳴りなどの症状が出る。
・長期化することが多い。

このような症状があります。

 

むちうちの症状を治療する方法

 

病院での治療は、整形外科を受診するといいでしょう。
そこで、そのまま検査や薬を処方してもらえたりします。

次に接骨院は柔道整復師という資格者が症状(肩や首の痛み)に適した治療法を行います。また当院は鍼灸師の資格も有しているので、鍼灸治療を行ったりします。

鍼灸は、肩や首の痛み・コリにも効果的ですが、めまいや手足のしびれ、倦怠感などのむちうちから来る症状にも適しています。

 

むち打ちの分類としては下記のようなのがあります。

頚椎捻挫型

むち打ちの大部分(全体の70~80%)がこの頚椎捻挫型と言われており、首の周りの筋肉や靭帯、軟部組織の損傷で最も多くみられます。

首の後ろや肩の痛みは、首を伸ばすと強くなります。
また、首や肩の動きが制限されることもあります。

 

神経根型

神経を支える根本が引き伸ばされたり、圧迫され負荷を受け症状がでます。
首の痛みのほか、腕の痛みやしびれ、だるさ、などが現れます。

これらの症状は、咳やくしゃみをしたり、首を横に曲げたり、回したり、首や肩を一定方向に引っ張ったりしたときに強まります。

 

バレ・リユウー症状型

後部交感神経症候群ともいいます。
衝撃が首の骨を通り越して、自律神経まで傷つけた際に発症し、 頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気などの症状が現れると考えられています。

 

脊髄症状型

頚椎の脊柱管を通る脊髄が傷ついたり、足に伸びている神経が損傷されて、足へのしびれや知覚異常が起こり、歩行障害を併発してしまう場合もあります。
また、後遺障害として残ってしまう可能性もあるので、非常に危険な症状です。

 

脳髄液減少症

珍しいケースですが、脳脊髄液減少症の症状はきわめて多彩で、症状としては主に、全身の痛み、聴力・資力・味覚障害、倦怠感、自律神経症などがあり、いわゆる不定愁訴がそれに相当します。初期には頭痛が特徴的です。

また、これらの症状にはある特徴がみられ、天候に左右されることです。
ことに気圧の変化に応じて症状が変化します。