ロコモティブシンドローム

高齢者がだんだん弱っていく「フレイル」の入り口と言われているのが、

「ロコモティブシンドローム」です。

「膝が痛い」「脚が痛い」「腰が痛い」といった骨や関節、筋肉など運動器の衰えが原因で、

「立つ」「歩く」といった機能(移動機能)が低下している状態のことをいいます。

様々な疾患により、だんだん歩かなくなり、食欲や体力が落ちていく

「フレイル」の始まりだとも言われています。

鍼灸マッサージは、こうしたロコモの症状を軽減するのに

有効であり、高齢者のロコモ予防に役立ちます。