加齢とともに運動量は低下する

2021年6月15日 未分類

年を重ねていくとだんだんと動けなくなってきてしまいます。

これに逆らう事は誰にもできません。

でも、ブレーキをかける事はできます。

それは、身体を動かす事です。

身体を動かすことで、血流がよくなり、血流がいいと、栄養や酸素など身体の必要

成分を血液が運んでくれます。さらにその運んだあとは、身体に溜まっている

疲労物質や老廃物を押し流してくれます。そうする事で、身体が活性化し、

若さを保つことが出来るのです。

なので、年齢は重ねても、身体年齢は、若くいられることが出来るのです。

どうですか?年をとっても動ける身体になりたくないですか?

それなら今からでも、身体のケアをしていきましょう。

 

 

夢のはり灸接骨院

「興味があって電話したんですけど」

とお電話下さい!!

048-969-4989

埼玉県三郷市中央2-1-4-102