在宅の高齢者に求められる鍼灸・マッサージとは

2018年11月20日 未分類

どのような方に鍼灸・マッサージは必要なのか(1)

健康保険が適用になる鍼灸の対象疾患は以下の通りです。

<鍼灸の健康保険適用疾患>

1、腰痛症

2、頚腕症候群

3、神経痛

4、五十肩

5、リウマチ

6、頚椎捻挫後遺症(むち打ち症)

施術に当たっては、主治医の同意が必要であり、6ヵ月ごとに主治医

に対して、施術の継続についての再同意の確認が必要です。

また、保険外にはなりますが、鍼灸治療には、様々な症状

に対する治療効果の有効性が認められています。

 

どのような方に鍼灸・マッサージは必要なのか(2) 

健康保険が適用になるマッサージの対象は以下の通りです。

<マッサージの健康保険適用症状>

1、筋麻痺

2、関節拘縮

3、その他(上記の症状を発症する疾患)

医師の同意症と6ヵ月ごとの再同意が必要なのは、鍼灸と同様です。

鍼灸の場合は、保険適用の対象が6つの疾患名に限定されていますが、

マッサージの場合は、「筋麻痺」と「関節拘縮」の症状が認められれば、

その発症原因となる疾患名は問われません。

また、マッサージのやり方については、特に規定はありませんが、主に

次の3つがあります。

<マッサージの3つのやり方>

1、着衣のままで行うあん摩指圧マッサージ

2、拘縮した関節の可動域を拡げる運動法

3、素肌にオイルを塗って行うリンパマッサージ

3つめのリンパマッサージは手間がかかるため、ほとんどの業者は

行っていませんが、当院では、下肢の浮腫などが多い高齢者に対して、

足つぼマッサージ(足底~下腿のリンパマッサージ)を行い、患者様

の皆様方に、大変喜ばれています。