特に何もしていないのに痛くなったんです。

2021年2月11日 未分類

特に何もしていないのに痛くなったんです。

こんな経験はありますでしょうか?

初めて来院の患者さんにヒアリングをしていると、

耳にする事が多いです。

どうでしょうか?

はたして何もしていないのに痛くなる事はあるでしょうか?

痛みを感じるという事は何かしら原因があり、それに対して

体の反応として、痛みを感じているのではないでしょうか?

重い物を勢いよく持ち上げた時に腰が痛くなりました。

原因はわかりやすいですよね。

急な動きなので痛めやすいです。

痛みの出方は2種類あり

急な負荷が身体に加わり痛くなる。

もしくは継続的な負荷が、長期間続き痛くなる。

どちらかに当てはまります。

特に何もしていないのに痛くなるのは

後者のほうが多いです。

継続的な負荷が長期間続くので、自覚するのが難しいです。

無意識的になっている事が多いので、

自覚としては、特に何もしていない感じになってしまいます。

そんな時に何もしていないでもまずは痛みのある所から診ていく事で

体の事がわかってくるので、回数を重ねる事に、

「そういえば!!」

と思い出す患者さんも多くいます。

そうしたらラッキーです。

原因が分かってくるとそれに対する対処法を考えればいいだけなんです。

治療だけではなく普段から自分自身でのセルフケアも大切ですよ。

そんなセルフケアも針治療と一緒に行っていく事で

より自分で自分の体を、治していけるようになっていきます。

分からない事、不安な事あればご相談下さい。