腰痛

腰痛は、病名や疾病名ではなく、腰回りの痛みや違和感と言った症状の総称です。
腰痛も原因が特定できるのと原因が特定できない2種類があります。

厚生労働省は、腰痛の85%は原因が特定できないとの発表があります。このような腰痛では、生活習慣、ストレスや不安、不眠など心の状態が影響していることもあります。

原因が特定できるのは、腰椎椎間板ヘルニアや腰椎脊柱管狭窄症、腰椎の変形や細かいのになれば骨折や、内科的疾患などがあげられます。

 

腰痛にはこんな症状があります。

1.腰が重い。
2.何もしていないのに腰が痛い(鋭い痛み)。
3.起床時など腰を捻ったり動かした時に痛む。
4.お尻や足に痛みが走る。

腰痛は放置すると悪化しやすく、治療しないと慢性的な腰痛持ちになってしまいます。
初めに申し上げたように原因の85%はハッキリしないと言われています。

 

では何が腰痛の原因になるのでしょうか?

当院でも辛くなった理由を聞いても「特に何もしていない」と言われる方が多いです。
そんな方は生活習慣に原因が隠されていたりします。

 

こんな事してませんか?

・同じ方の肩で、カバンをかけている。
・長時間同じ姿勢をキープしている。
・立ちっぱなしでいる時間が多い。
・運動する機会がない。
・イスに座る時、脚を組むクセがある。
・不規則な食生活や暴飲暴食することがある。
・夜更かしすることが多い。
・入浴はシャワーだけで済ますことが多い。

あげればきりがないかもしれません。

 

では、腰痛を解消するにはどうしたらよいでしょうか?

病院では湿布や痛み止めの薬を使う人が多くいますが、これは痛みを感じなくしているだけで、根本的な腰痛の改善には繋がりません。

腰にかかっているストレスを解消する必要があるので、まず自分で出来る方法としては、ゆっくり体と心を休めてあげることが、治療の第一歩です。

休める事で自然治癒力が高まりますので、体を回復してくれます。

 

それでも取れないと言う方は鍼灸治療をお勧めします。

 

鍼灸治療では痛みのポイントを探し、鍼を刺入していく方法、体内に鍼を刺した状態で数十分置く置鍼と言う方法など、さまざまな方法があります。