自律神経失調症

自律神経失調症は実際どんな病気なのでしょうか?

 

自律神経失調症になると、こんな様な症状が現れます。

慢性的な疲労、だるさ、めまい、偏頭痛、動悸、ほてり、不眠、便秘、 下痢、微熱、耳鳴り、手足のしびれ、口やのどの不快感、頻尿、残尿感。またそれらに付随してイライラ、不安感、疎外感、落ち込み、やる気が出ない、ゆううつになる、感情の起伏が激しい、あせりを感じる。などがあります。

 

自律神経失調症の原因は、これらがよく当てはまります。

1.生活リズムの乱れ
2.過度なストレス
3.環境の変化
4.ホルモンの乱れ

 

そもそも自律神経とは、どんな神経なのでしょうか?

自律神経とは、心臓や内臓を動かしたり、血圧や体温の調節をしたり食べ物の消化や血管・瞳孔・汗腺の機能など自分の意思とは関係なく働く神経の総称です。

またその中で「交感神経」と「副交感神経」の2つに分けられます。

交感神経は、興奮している時など呼吸や心臓の動きが速くなったり血管の収縮や血圧の上昇の働きがあります。

副交感神経は、交感神経と逆に安静時など呼吸や心臓の動きが遅くなったり血管が広がったり血圧が下げたりします。

 

自律神経失調症にならない為にも対策

・十分な睡眠をとる。
・ストレス発散させる。
・規則正しい生活をする。
・暴飲暴食をしない。

など他にも対策はありますが、今の自分の生活スタイルを振り返ってみましょう。

 

もちろん自分だけでは限界があります。

 

そこで治療としては、体のバランスを整えたり、鍼治療などでツボを刺激したり、外部から刺激する事で、自律神経のバランスが整いはじめ、
今まであった症状も改善してきたりもします。
迷っていても回復が遅れるだけです。
是非、当院の治療を受けてみて下さい。