鍼治療はどんな治療なのか?

2016年7月2日 日記

こんにちは、 三郷 の 夢のはり灸接骨院の藤崎です。

 

鍼(はり)治療は古代中国で発展し、日本に伝えられてのは大和時代と言われています。

そして、飛鳥時代より実際に鍼治療が行われるようになりました。

月日は流れ、江戸時代に杉山和一という盲人が徳川家に仕えるようになり今の

管を使った管鍼術が一般的になりました。

だからこそ今でも鍼灸治療は盲人の職業ともいわれています。

鍼は、身体に刺す事により機械的な刺激を与えて、痛みや辛さを取ったり

体の調和をとる目的で使用します。

鍼を打つ事でその人を治すのではなく、東洋医学全般的に言えるのは、

鍼灸治療をする事で人間本来持っている自然治癒力(自己治癒力)を高める

効果を期待するので、1回や2回ではなかなか効果も出てこない時もあります。

継続して行う事で、治療の効果も徐々にでてくるので、

症状にもよりますが、ある程度の期間治療を継続すると良いでしょう。

 

 

 

 

 

『症状改善』『予防』が目指せる鍼灸治療

『姿勢の乱れを改善』する骨格矯正

埼玉県三郷市の夢のはり灸接骨院

お電話お待ちしております。

TEL048-969-4989

つくばエクスプレス三郷中央駅より徒歩3分
オレンジ色の看板が目印です!
土曜・祝日も診療しています。駐車場あり。