鍼灸治療とマッサージの治療効果の違い

2018年12月4日 未分類

鍼灸治療とマッサージの治療効果の違いは、

医療介護従事者の皆様の多くが、鍼灸治療とマッサージとリハビリの違いに

ついて、あいまいな認識しかお持ちでないと思います。

鍼灸・マッサージの治療効果として、「鎮痛効果」「リラックス効果」「自律

神経調節効果」「血行促進効果」の4つがありますが、それぞれの治療効果

には下表のように違いがあります。

一般的は、慢性疼痛や自律神経失調症状には鍼灸の方が治療効果が高く、

認知症の不穏やうつ症状、血行不良による筋肉のコリや浮腫に対しては、

マッサージがより効果的です。

これに対し、リハビリは、主に、脳梗塞などの筋マヒや関節拘縮に対して

関節の可動域を広げ、弱った筋力を回復させる事を目的としています。

 鎮痛効果リラックス効果自律神経  調整効果

血行促進 効果

拘縮予防
はり治療
マッサージ
リハビリ×××