鍼?針?はり??

2016年11月28日 日記

こんにちは、 三郷 の 夢のはり灸接骨院の藤崎です。

 

鍼灸治療ですが、色々な言い方がありますよね。

漢字では「鍼」や「針」があり「鍼」は、はりではなく「しん」とも読めます。

「鍼灸」も「はりきゅう」と言ったり「しんきゅう」とも言ったりしますね。

治療で使う「はり」は漢字では「鍼」を使いお裁縫で使う「はり」は「針」を

使ったりしますよね。

「針」は一般的でも「鍼」はあまり使う事はありませんしね。

でも、どんな言い方をしたとしても、どんな書き方をしても

イメージするのは、長い鍼を体に刺すイメージだと思います。

お灸は、鍼灸と一括りになりますが、また鍼治療とは違った刺激になります。

お灸は、最近ではせんねん灸がドラッグストアでも売っているので、自分でも

手軽にできたりしますよね。

お灸は温熱刺激で体の不調を回復させるので、冷え性の方や、関節痛の方

などに有効です。

今ではネットで調べればツボの位置も出てきますから自分でやってみるのもいいと思います。

鍼灸治療は西洋医学より歴史が古く古代中国から伝わり、古代では、動物の骨を細く

尖らせたり、石を削ったりして治療をしていたみたいです。

今では痛くない鍼ですが、古代では、痛そうですね。

今の時代の鍼灸治療で良かったです。

 

 

『症状改善』『予防』が目指せる鍼(針)灸治療

『姿勢の乱れを改善』する骨格矯正

埼玉県三郷市の夢のはり灸接骨院

お電話お待ちしております。

TEL048-969-4989

つくばエクスプレス三郷中央駅より徒歩3分
オレンジ色の看板が目印です!
土曜・祝日も診療しています。駐車場あり。